MVタンクコートシステム

2、工程と実例

MVタンクコートシステムの施工工程と採用実績

施工前



施工

1:機材搭載車両(No.1)
2:80度の温水で35~45MPaの圧力を加えながらケレン洗浄します。
  仕上げ面の脆弱部を完全に取り除き、健全部を露出させます。
3:50mmまでの厚みであれば、1回の塗り工程で仕上げられる
  断面修復材です。
4:全面モルタルシゴキ
5:全面プライマー塗布
6:従来工法とは比較にならないほど短時間で施工でき、数10秒で硬化・乾燥します。
  そのため、施工直後の降雨や歩行による品質低下はありません。
機材搭載車両(No.2)
吹付け量を無線で管理しています。

施工後




  株式会社東北丸本
〒981-3117
宮城県仙台市泉区
市名坂字野蔵19-3


MAIL: メールアドレス

販売部

MAIL:hanbai@m-maruhon.co.jp

日本シーリング材工業会

Copyright (C) 株式会社東北丸本 All Rights Reserved.